エギング

エギングに掛かる費用はいくら?初心者エギング

投稿日:

人気の釣りでもあるエギングですがこれから始めようと思ってる人でロッドやリールを購入を考えているけどどのくらいの費用が掛かるのかわからない人のために道具ゼロからエギングができる状態になるまでに掛かる費用について紹介していきたいと思います。

 

 

エギングに必要な道具

まずはエギングをするのに必要な道具を見ていきましょう。

・ロッド(竿)

・リール

・ライン(糸)

・リーダー(PEラインの先の付ける糸)

・エギ(イカを釣るためのルアー)

・エギケース(エギを入れておくケース)

・スナップ(エギを素早く変更できる道具)

とりあえずこの道具があればエギングは可能です。しかし下記の二つは持っておいたほうがいいので一緒に紹介しておきます。

・偏光グラス(海中の様子が見やすいサングラス)

・ヘッドライト(夜間釣行時に必須)

ざっと上げればこれくらいの道具が必要になってきます。

他にも釣れたイカを入れておくクーラーボックスや大きいイカが釣れた時に使用するギャフなどあったほうが良い道具はまだありますが最低限上記の道具があれば大丈夫です。

ではそれぞれどのくらいの値段で買えるのか見ていきましょう。

ロッド

初心者でも快適にエギングが楽しめるコストパフォーマンスに優れたロッドを紹介します。

あまりの安物を買ってしまうとライントラブルが多発し釣りづらく面白みが半減されてしまうので今回はライントラブルも少なくさらに低価格のものを紹介します。

7、000円前後

 


大手釣り具メーカーのダイワの低価格帯のエギングロッドですがさすがダイワの製品と言ったところで、ライントラブルが少なくコストパフォーマンスに優れたエギングロッドです。少し重たいのは気になりますが最初の一本としてはおすすめの低価格エギングロッドです。

 

 

コストパフォーマンスに優れた商品を多く発売しているメジャークラフトのエントリーモデルのエギングロッド

こちらのロッドもライントラブルが少なく初心者におすすめのエギングロッド

予算に余裕がある人はこちらの記事も参考にしてみてください

予算別おすすめエギンロッド2018

 

リール

 

エギングでは基本的にPEラインを使用します。その理由としては飛距離・感度などエギングに最適だからです。

ですのでリールもPEラインに対応したものを使用するのがトラブルを軽減することになります。

6、000円前後

  • スピニングリールサイズ:2500
  • 使用できる釣法:エギング アジング メバリング
  • 主なターゲット:アオリイカ ブラックバス トラウト シーバス タチウオ メバル アジ カサゴ カマス メッキ
  • ナイロン糸巻量(lb-m):5-140/6-100、PE糸巻量(号-m):0.8-130/1-100
  • 自重:295g
  • 巻取り長さ(ハンドル1回転あたり):90cm
  • ギア比:5.6
  • 最大ドラグ力:4kg

ダイワの低価格帯リールですが問題なくエギングを楽しむ事ができます。PEライン対応の浅溝スプールで少し重くはなってしまいますがコストパフォーマンスが高いリール

 

  • リール ハンドル:左右付け替え可能
  • 使用できる釣法:エギング アジング メバリング シーバス バスフィッシング
  • 主なターゲット:メバル アジ トラウトブラックバス アオリイカ シーバス マダイ タチウオ
  • ギア比:6.2
  • 実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):2.5/4.0
  • 自重(g):250
  • スプール寸法(径mm/ストロークmm):46.5/14.5
  • ナイロン糸巻量(lb-m)/フロロ糸巻量(lb-m)/PE糸巻量(号-m):5-110、6-95、8-70/4-130、5-100、6-80/0.6-200、0.8-150、1-110
  • 最大巻上長(cm/ハンドル1回転):91
  • ハンドル長(mm):55

こちらも大手釣り具メーカーのシマノの低価格帯リール。

先ほど紹介したダイワレブロスよりも45g軽いのもいい所です。もちろんPEライン対応スプール

エギングでは一日中シャクリ続けるのでできる限り軽いタックル(道具)を準備するのがおすすめです。

 

エギング リール ダイワ・シマノおすすめ 初心者必見選び方 番手まで

 

ライン

 

先ほども言いましたがエギングでは基本的にPEラインを使用します。飛距離を出せて感度がよく水面に浮きやすく伸びが少ないので、ロッドのアクションがエギに伝わりやすいといった特徴を持つからです。

ナイロンラインでもできなくはないのですが伸びがあるのでエギに力が伝わりづらく思うようにアクションができません。

さらに飛距離もおちてしまい広範囲に探る事ができないので釣果が上がりにくいです。

 

PEラインの太さはエギングで初心者だと0.8号がおすすめです。

1、500円前後

 

 

 

 

ラインはあまり安すぎるものを購入してしまうとすぐにプツプツと切れて釣りになりません。実際私もそうでした最低でもこの価格帯のものを定期的に交換するようにしましょう。

 

リーダー

 

PEラインを使用する時に必須となるのがリーダーです。PEラインは引っ張り強度が強いものの擦れに弱く、底をとって探るエギングではどうしても先のほうが海底の石ころなどに擦れてしまいすぐに切れてしまいます。

リーダーは初心者は2号~3号を選ぶようにしましょう。

500円くらい

 

エギ

 

エギはイカを釣るためのルアーです。多くのメーカーがさまざまな種類のエギを出しているのでどれを選べばいいのかわからない人のために安くておすすめのエギを少し紹介しておきます。

 

900円前後

 

 

 

パタパタフィンの波動でイカにアピール 価格も安く初心者はもちろん中級者にもおすすめのエギ

 

 

 

こちらもパタパタフットの波動でイカにアピール。軽くしゃくるだけで威力を発揮するような構造になっているので初心者におすすめのエギ

他にもこの記事に詳しくかいているので参考にしてみてください

 

実際に使ってみた!おすすめ餌木(エギ)ベスト10 ≪2019年版≫

 

餌木のカラーはこう決める! エギングおすすめカラー

 

エギケース

 

エギには当然針がついているのでそのままバッグに入れておくと引っかかってしまいます。

ですのでエギはボックスに入れて持ち歩くようにしましょう。

 

1500円~3000円くらい

 


低価格でバッグにはめれるのはもちろんカラビナが付いているので腰に付ける事もできるコストパフォーマンスが高いエギボックス

 

 

こちらはエギをそのまま収納できるエギ専用バック

すぐにエギを変える事ができ大容量なのが特徴

 

スナップ

 

スナップはエギのローテーション時に素早く交換することができる道具で安価なものなので持っておくことをおすすめします。

400円前後

 

 

私も実際にこのスナップを使用しています。いろいろ使ってみて一番良かったです。エギの付け替えがスムーズにでき、強度も有るのでどれにすればいいのか迷っているならこのスナップをおすすめします。

 

 

少し変わったスナップですが慣れるまでは少しエギの付け替えに時間がかかります。

しかし慣れてしまえば素早く付け替えることのできるスナップです。

私は一度このスナップを使用している時にエギだけ飛んで行ったことがありました。よく見てみるとスナップの隙間の部分が緩くなっていたのが原因でした。キャスト時には劣化していないかを確認してキャストするようにしましょう。

 

偏光グラス

偏光グラスは水面の反射を抑え海中を見えやすくするサングラスです。偏光グラスが無くてもエギングは可能ですがあればサイトエギング(海中のイカを見ながらのエギング)を楽しめたり、海中の状況を把握してポイントを見つけたり根掛かりを回避することもできるので日中にエギングをする人は持っておくとエギングがさらに楽しめます。

4000円前後

 

 

低価格でありながら水中が見やすくおすすめです。しかしサングラスは顔の形でフィットするものとしないものが人それぞれ違うので実際に釣具店などで掛けてから購入するようにしましょう。

 

ヘッドライト

 

ヘッドライトは夜間エギングするのなら必須アイテムです。街灯があるポイントばかりではないし、足場が見えずに海に転落する危険性も十分考えられます。夜間釣行には全体に持っていくようにしましょう。

2000円~7000円

 

 

私が使用しているのはゼクサスのヘッドライトです。ゼクサスのヘッドライトは非常に明るいのはもちろん、ライトの範囲を絞る事で光量がさらに明るくなりピンポイントに光を当てる事ができるモデルもあり非常に見やすいです。

 


へッドライトにお金を掛けたくない人はこの価格たいの物でも足元の確認などはできるので大丈夫です。

ヘッドライトの多くは電池式なので充電電池を使うようにしています。繰り返し使うことができるのでいちいち買いに行かなくてもいいし、釣りから帰って充電しとけばいいだけなので非常に楽です。

充電電池でも充電MAXのはずなのにくらい電池などもあったので私が今も使ているものを紹介しておきます。

 

 

ヘッドライトおすすめ!予算別ランキングTOP3 2019年版

 

まとめ

 

ロッド 約7000円

リール 約6000円

ライン 約1500円

リーダー 約500円

エギ 約900円✖2

エギケース 約1500円

スナップ 約400円

偏光グラス 約4000円

ヘッドライト 約2000円

合計約24,700円

偏光グラスやヘッドライトを買いそろえるなら2万5千円くらいの予算があれば十分にエギングを楽しむ事ができます。

偏光グラスを除けば2万円程度で揃える事ができる事がわかったと思います。

上を見ればいくらでも性能がよく高いものがありますが最初に内はこのくらいの道具でエギングをやってみるのが良いと思います。

参考になれば幸いです(^.^)/~~~

 

-エギング

Copyright© 釣人〜ペスカトーレ〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。