ショアジギング

ショアジギングにおすすめのメタルジグBEST14 2020年版

投稿日:

ショアジギングでロッドやリールと同様に重要なのがメタルジグですが、メタルジグと言っても形状や素材が違う数多くの種類のメタルジグが販売されています。

そこで今回は数多くのメーカーから出されているメタルジグの特徴と一緒に、おすすめのメタルジグを紹介していきたいと思います。

 

メタルジグの種類

まず初めにメタルジグの種類について書いていきたいと思います。

メタルジグの素材

メタルジグに使用される素材は大きく分けて二種類で一般的な鉛製のものと比重の大きいタングステン製のものが存在します。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

鉛製のメタルジグの特徴

メリット

・比重が小さいのでゆっくりと沈みアピール時間が長い

・ゆっくりと沈むのでシャロ―エリアに強い

・価格が安い

デメリット

・飛距離が出にくい

・比重が小さい分ディープエリアでのボトムを取るのに時間がかかる

・潮の流れの速いポイントでは流されて底を取ることができない

・比重が小さいので飛距離を出そうとメタルジグの重さを上げるとシルエットが大きくなってしまう

 

タングステン製のメタルジグの特徴


メリット

・遠投性のが高く広範囲を探る事ができる

・沈むのが速いのでボトムを取るのが速く手返しが良い

・潮の速いエリアでもジグが流されにくい

・比重が大きいのでジグ自体のシルエットを小さくできる

 

デメリット

・価格が高い

・沈むのが速いのでシャロ―エリアに向いていない

・ゆっくりと誘うことができない

 

メタルジグの形状

メタルジグの形状は大きく分けて魚の形をしたジグと扁平な形をしたジグの2種類に分けられます。

その中でもさらにメタルジグの長さによってショート、ノーマル、セミロング、ロングと細分化されていてそれぞれに特徴があります。

 

魚の形をしたメタルジグの特徴

 

 

ショートやノーマルの魚の形をしたメタルジグはジャークや巻きのアクションに強く、中層付近の魚へのアピール力が高いのが特徴です。

セミロングやロングタイプのメタルジグは活性の高い状況に強く、ナブラ撃ちでの釣果が高いメタルジグです。

ジャークを入れた横のスライド幅が大きく、そのあとのすとんと落ちるフォールの動きが活性の高い魚に対して効果的

 

扁平な形をしたメタルジグの特徴

 

扁平な形をしたメタルジグの多くはショアスローのメタルジグが多く、ヒラヒラと木の葉が落ちるようにフォールするのが特徴的です。

横方向の動きが得意で一定のレンジを集中的に攻める時や、活性の低い青物や根魚に効果的なメタルジグです。

 

 

メタルジグのバランス

メタルジグのアクションを決めるのがジグのバランス設定です。

メタルジグのどの部分に重心を置くかでアクションが違ってきます。ジグの頭のほうに重心があるフロントバランス、ジグのセンターに重心があるセンターバランス、ジグのお尻のほうに重心があるリアバランスと分ける事ができます。

 

センターバランスのメタルジグの特徴

センターバランスのメタルジグは扱いやすく、リトリーブ時にウォブンロール、ジャーク時にダートアクションと初心者にも使いやすいメタルジグが多いです。

またバランスがとれているのいでラインがフックに絡まる事が少ないのも初心者に使いやすいジグと言われる理由のひとつです。

デメリットとしてはほかのバランスのジグよりも飛距離が出にくいところです。

 

リアバランスのメタルジグの特徴

メタルジグの後ろの方に重心のあるリアバランスのメタルジグは、フォールスピードが速く遠投性能が高いのが特徴です。

ショアジギングにおいて遠投性能が高いのは大きなアドバンテージになり釣果にも影響してきます。

フォールスピードが速いのでディープエリアや潮の流れが速いポイントにおすすめのメタルジグ

 

フロントバランスのメタルジグの特徴

フロントバランスのメタルジグはロッドアクションに対してメタルジグが敏感に反応しアクションをつけやすいのが特徴です。

縦の動きが得意でオフショアジギングで使われることが多く、また横方向の動きが弱く遠投性能が低いのでショアジギングでは扱いが難しいケースもあります。

 

 

それぞれのメタルジグに特徴がありポイントや潮の流れの速さなど、状況に応じて使い分ける事で釣果を伸ばしたりジグのロストなども減らすことができるので参考にしてみてください。

ここからはおすすめのショアジギングのメタルジグに付いて特徴やどのような状況で使いやすいメタルジグなのかと一緒に紹介していきます。

それではショアジギングにおすすめのメタルジグBAST10 2019年版行ってみましょう!

 

ショアジギングにおすすめ!メタルジグBEST14 2020年版!

 

メジャークラフト ジグパラ

 

 

ラインナップ 20g~60g

 

低コストハイパフォーマンスでカラーリングも豊富な人気のメタルジグ

どこの釣り具屋にも置いてあるショアジギングでは定番のメタルジグです。

メタルジグのリアにはトレブルフックが付いていて、フロントにはアシストフックが標準装備されているのですぐに使用する事ができるのもおすすめポイント

またセンターバランスで初心者にも扱いやすく、ショアジギングだけではなくシーバスや根魚などにも効果的!

最近ではリアルなライブベイトカラーシリーズも発売されてさらに人気の出そうなメタルジグシリーズ

 

メジャークラフト ジグパラ TG

 

 

ラインナップ10g~60g

 

こちらは先ほど紹介したジグパラのタングステンモデルで、通常のジグパラと違いタングステン素材を使用しています。

タングステンのジグパラは通常のジグパラと同じ大きさでも自重が高いので、風の強い日や飛距離を伸ばしたいがシルエットは小さく抑えたい時などに使えるメタルジグ

ほかにも潮の流れの速いポイントやディープエリアでも活躍するのでひとつは持っておきたいメタルジグのひとつになります。

 

メジャークラフト ジグパラスロー

 

ラインナップ 15g~40g

 

ジグパラのスロー系ジグで幅広のボディデザインがフォール時により水を受ける事で、落ち葉のようにヒラヒラと落ちていき長時間アピールすることができます。

またボディーの塗装は5層のマルチレイヤードコーティングされていて、ハードボトムでも塗装がはがれにくいのでゴロタ浜などでも活躍してくれるメタルジグです。

 

ダイワ サムライジグ

 

ラインナップ 7g~130g

 

釣りをしている人ならほとんどの人が知っている大手釣り具メーカーダイワの万能メタルジグ

重量のラインナップが豊富で様々なシチュエーションに対応できるメタルジグで、リトリーブ時の安定したスイミング姿勢とキラキラとしたフラッシングの水平フォールが特徴

サムライジグもジグパラ同様トレブルフック&アシストフック付きで、すぐに使用できるおすすめのメタルジグです。

 

メガバス マキッパ

 

ラインナップ 3g~40g

 

バス釣り経験者なら一度は耳にしたことのある人気のメーカーメガバスのブレードの付いた新しい形のメタルジグ

メタルボディのテールにブレードの付いた今までになかったメタルジグで、投げて巻くだけのお手軽なのが特徴

高速リトリーブしてもボディが回転しにくく設計されているので絡まりにくいのもおすすめポイント

 

ブルーブルー シーライド

 

 

ラインナップ 20g~60g

 

フラッシング効果の高いカラーリングと個性的なアクション「ドルフィンアクション」が特徴的なメタルジグ

私が初めてショアジギングで青物を釣ったのがこのメタルジグで特徴的なアクションとフラッシング効果がおすすめです。

残念な点は塗装が剥がれやすいところです。ゴロタ浜などハードなボトムのポイントではあまり向いていないので、堤防やあまり障物のないエリアで使用するのにおすすめ

 

コアマン ゼッタイ

 

ラインナップ 30g~40g

 

コアマンと言えばシーバスゲームにおいて人気のい高いルアーを数多く販売しているメーカーではありますがその中でも人気のあるメタルジグの「ゼッタイ」はショアジギングにおいても釣果を出してくれる昔から信頼の高いメタルジグです。

流れの効いているエリアでのただ巻きにも実績がありあります。

 

ジャッカル ビックバッカ―ジグ

 

ラインナップ 10g~60g

 

後方重心で遠投性能の高いメタルジグ

重心が後方にあるリアバランスジグで向かい風でも飛距離を出すことができる遠投性能に優れたメタルジグです。

エッジの効いたボディ設計でロッドアクションやリーリング時のアクションがキビキビしていて、フォール時は鋭い動きとフラッシングでターゲットにアピールしてくれます。

 

シマノ コルトスナイパー アオモノキャッチャー

 

 

ラインナップ 28g~60g

 

ダイワ同様大手釣り具メーカーシマノのメタルジグ

シマノのショアジギング用メタルジグ「コルトスナイパー」をベースに、軽いロッドアクションでも大きな動きを演出できるように設計されているのが特徴的

またキャスト時に回転しにくいデザインになっているので安定して飛距離を出すことが可能

 

カルティバ 撃投ジグ

 

 

ラインナップ 25g~125g

 

細身で長い形状が特徴的なメタルジグ

強度の強いタフボーン設計という構造で作られていて強度が非常に強いのが特徴です。

フラフラとしたフォールでアピール力が高くショアジギング界で長期にわたり人気の高いメタルジグ

 

デュオ ドラッグメタルキャスト

 

 

ラインナップ 15g~40g

 

シーバスやヒラメなど数多くの人気プラグを発売しているメーカーデュオのおすすめメタルジグ

遠投性能はもちろん安定したスイミング性能と水平スライドフォールが特徴で、デュオ独特のカラーリングが魅力的なおすすめメタルジグ

ほかにも使用した感じでは塗装が剥がれにくく、ロッドアクションに対してキビキビとアクションしてくれ釣果を出してくれる頼れるメタルジグです。

 

ハヤブサ ジャックアイマキマキ

 


ラインナップ 20g~60g

 

ブレードの付いたメタルジグでただ巻きでもキラキラとアピールしてくれるので、上級者から初心者まで簡単に使いこなすことができるメタルジグ

使い方はただ巻きでも一定の速度で巻くのではなく強弱をつけて変化をつける事で効果的に誘う事ができるのでおすすめです。

またカーブフォールでもしっかりブレードがヒラヒラとアピールしてくれるので、アピール力の高いブレード系メタルジグと言えます。

 

ジャクソン 飛びすぎダニエル

 

ラインナップ 14g~40g

 

個性的な形状でメタルジグよりもメタルバイブに近い形状のおすすめメタルジグ

重心が後方にあるため遠投性能はかなり高く、商品名に「飛びすぎ」とつけられるだけはあります。

ほかのメタルジグとの使い分けは遠投性能の高い横の動きで誘うことができるので、縦の動きや早巻きに反応しないときなどに効果的!

得意なフィールドはサーフでほかのアングラーには届かない範囲を探る事ができるので周りとの釣果に差をつけることができます。

 

ジャクソン ギャロップ アシスト

 

ラインナップ 20g~60g

 

センターよりやや後方に重心を置くことによって生まれるヒラヒラとしたフォールが特徴的なメタルジグ

初めからフックが付いていてアシストフックを搭載したことによってフッキング率が大幅にアップしています。

さらにこのメタルジグは塗装が強く、ゴロタ浜で使用しても剥がれが少なく安心して使える点もおすすめポイントです。

 

最後に

 

最近ではメタルボディの飛距離の出せる様々な形状のジグが発売されていて初心者の方特にどれを使えばいいのかわかりにくいと思います。

自分のよく行くポイントにあったメタルジグを選んで状況に応じて使い分けるようにしましょう(^^)/

 

-ショアジギング
-,

Copyright© 釣人〜ペスカトーレ〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。