メバリング

メバペンシリーズはこんなに多いの!?全種類徹底紹介!使い方から使い分けまで

投稿日:

メバリングの醍醐味のひとつでもあるプラグでのルアーゲームですが、今日はそのメバリングのプラグでの釣りにおいて、ほとんどの人が使用したことのあるであろう人気のルアー「メバペン」について紹介していきます。

メバペンはスミスから発売されている表層を意識したメバルに有効なルアーです。カラーリングも多いのですが種類も結構あり、かなり細分化され細かく分けられています。

今回はそんなメバペンシリーズをまとめてみたので参考にしてみてください。

メバペン・メバル


スミス(SMITH LTD) ペンシルベイト メバペン メバル

長さ 43mm

重さ 3.0g

タイプ フローティング

メバペンの基本となるモデルで安定した水平姿勢を保つ事ができ、ナチュラルドリフトを得意とするペンシル

違和感を与えることなく流すことで自然な誘いを演出する事が可能で、ただ巻きでは水面に波紋を起こしながらユラユラとS字蛇行でアピールします。

フォルムは子イカをイメージして作られていてテール部にはエンペラが付いています。

このエンペラが水平翼となる事でロッドを「チョンチョン」とトゥイッチングさせると左右にキレのあるスライドアクションをしてくれます。

メバペンメバル シェル


スミス メバペンメバルシェル #04 ピンクヘッド

長さ 45mm

重さ 3g

タイプ フローティング

メバペンメバルの内部のセンターにシェルプレートを内蔵したモデルでアクションなどの動きは変わらずシェルプレートの自然なフラッシング効果でアピール力が高め

カラーリングは7種類

メバペンメバル ネオン


SMITH(スミス) メバペンメバル ネオン

長さ 45mm

重さ 3g

タイプ フローティング

こちらもメバペンメバルのセンターにネオンプレートを内蔵したモデル

これは主観ではあるのですが先ほどのシェルプレートが自然なキラキラとしたフラッシングで、ネオンプレートはキラッとしたシェルプレートよりは強めのフラッシングのように思えます。

メバペンSP


スミス(SMITH LTD) ペンシルベイト メバペン SP 45mm 3.2g HGG #11

メバペン・メバルとの違いは内蔵部に高比重のタングステンを使用する事で水面下でステイする事ができるサスペンドタイプ

表層付近にメバルがいるのにメバペン・メバルのようなフローティングタイプのプラグにアタックしてこないようなときに活躍してくれるプラグです。

水面付近を意識しているが表層までできらない個体に対しても有効

メバペンSP ネオン


スミス (SMITH) メバペンSP ネオン #03 ギンコ

メバペンSPにもネオンモデルが存在します。店頭ではなかなか見かけないので見つけたらラッキーです。

メバペンJr


スミス(SMITH LTD) ペンシルベイト メバペン Jr 39mm 2g クリアーマーブル #6

長さ 39mm

重さ 2g

タイプ フローティング

メバペン・メバルのサイズが小さいモデル

小さい分重量も軽くなるので飛距離は少し落ちてしまいますが、冬場はもちろん春先から水温が上がってきて小魚や子イカがベイトとなるシーズンまで幅広く使用できるモデル

潮に流してのドリフト釣法やゆっくりとしたアクションでストップ&ゴーが効果的

メバペンJr SP


スミス(SMITH LTD) ペンシルベイト メバペン Jr SP 39mm 2.2g HGG #10

長さ 39mm

重さ 2.2g

タイプ サスペンド

メバルが表層にパシャと出ているが勢いがあまりなくライズの回数も少ないようなときに活躍してくれるモデル

サスペンドタイプなので水面直下を引いてくることができるプラグ

メバペン ソリッド


スミス(SMITH LTD) ペンシルベイト メバペン ソリッド 35mm 2.1g クリアーグリッター #5

長さ 35mm

重さ 2.1g

タイプ シンキング

メバペン・メバルのソリッドタイプのメバペン

ソリッドタイプの特徴は中にアクリル素材が詰まっているので質量が大きく、ボディの大きさ以上の飛距離を出すことが可能

さらに屈折効果をりようし艶やかなボディカラーで、他のプラグには表現する事の出来ないアピール力で誘います。

釣り人が多いハイプレッシャーなポイントように開発されたモデル

メバペン マグナム


【 スミス 】 メバペンマグナム 68 クリアーマーブル 06

長さ 68mm

重さ 7.7g

タイプ フローティング

メバペンマグナムはメバル用のプラグとしてはかなり大きくメバペンシリーズ最大モデルです。

特徴としては大きく重量があるのでいつもは狙えないようなポイントにプラグをキャストし探る事ができるのが最大のメリットです。

実際使用してみた感想は予想していたよりも案外バイトが多く、20センチ前後のメバルでも釣る事が可能とゆう事がわかりました。

ですので飛距離を出したい時のサーフやポイントが遠くにある時、また他の釣り人が探りきれないポイントにいるメバルにアプローチしたい時に、活躍してくれるプラグです。

ほとんどの人は使用しない大きさなので飛距離を出してフレッシュなスレてないメバルを狙うのにおススメです。

メバペンマグナム シェル


スミス メバペンマグナムシェル 68 レッドヘッド

メバペン・マグナムのシェルタイプ

全6色

メバペンマグナム ネオン


スミス (SMITH) メバペンマグナム ネオン #01 クリアー

メバペンマグナムのネオンタイプ

全3色

メバペンの使い方

ただ巻きでS字スラロームで波紋を起こしながらユラユラと引いてきたり、時折止めてストップ&ゴーで喰わせの間を作ってバイトを誘発させましょう。

潮の流れのあるポイントで有効な使い方は、ポイントの向こう側にキャストし潮の流れを利用して、糸ふけだけを巻取りほぼ巻かずにポイントにアプローチするのもおすすめの使い方です。

ほかにもロッドをチョンチョンと軽くトゥイッチングして左右にダートさせてアピールさせたり、細かくシェィキングして少ない移動距離で波動を起こしてアピールしてみましょう。

まとめ

メバペンは種類が多くさらにアクションの種類も多彩なので釣り人の腕次第で、かなり使い勝手の良いプラグになります。

地域やポイントによっては釣り方や釣れるルアーは違うと思いますが、さまざまな状況に対応できるメバペンはかなり優秀なプラグだと私自身思いました。まだメバペンを使用したことのない人はこの記事を参考に釣果が上がれば幸いです(^.^)/~~~

-メバリング
-,

Copyright© 釣人〜ペスカトーレ〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。