エギング

エギングにはタモとギャフ便利なのはどっち?選び方を紹介

投稿日:

エギングは細いラインを使用しているため、足場の高い所で良いサイズのイカを釣った時巻き上げてくる途中で、イカの重みにラインが耐え切れず「プツッ」っとせっかくのイカをセルフリリースしてしまう事があります。

こんな時にギャフやタモがあれば大きいイカも無事に釣りあげる事ができます。しかしギャフがいいのかタモがいいのか、使ったことがない人には分からないと思います。そこで今回はエギングにはギャフが使いやすいのか、それともタモがいいのかについて書いていきたいと思います。

タモとギャフの違い

まず最初にタモとギャフの違いについてみていきましょう。

タモとは

タモはタモ網やネットなどと呼ばれることもあります。簡単に言えば子供の頃誰れもが一度は手にしたことのある、魚とり網の大きいバージョンです。足場の悪い磯や足場の高い堤防でも使用できるように、伸縮が可能で2メートル~5メートルほど伸びるものがあります。イカだけではなくシーバスや青物でも使用できるのが良い所です。

ギャフとは

ギャフはタモとは違い先端はカギバリ状になっていて、掬うのではなくひっかけて魚やイカをあげるための道具です。もちろんこちらも伸縮が可能です。タモよりもコンパクトに収納ができます。

大小様々ですが、エギングでは主に小型のものを使用します。

エギングにはどっちがいいの?

エギングはランガンしたり、地磯にいったりする人や、堤防にしか行かない人などいろいろな人がいるので良く行く釣り場に適したほうを選ぶのが良いと思います。ギャフ・タモのそれぞれのメリット、デメリットをみていきましょう。

タモのメリット・デメリット

メリット

・初心者にも使いやすい

・イカだけではなく魚も掬うことができるので、シーバス・ジギングにも使用できる

・友人など慣れていない人にも使用できるので手伝ってもらえる

デメリット

・コンパクトにしまい込んでも先端の網の部分は大きい

・ギャフに比べて持ち運びが良くない網の部分が邪魔になる

・伸ばして使用すると先端が重いので操作性が悪い

ギャフのメリット・デメリット

メリット

・コンパクトで持ち運びやすい

・軽いので常に携帯していおける

・軽いので長くのばしても取り回しが良い

・慣れるとタモより使いやすい

デメリット

・初心者には扱いが難しい

・タモと違い針で刺すのでイカにダメージを与えてしまう

車に積み込みやすいのはどっち?

車に積みこみやすいのは断然ギャフですね。タモ網は網の部分が結構大きく面積をとってしまいます。

足場が悪い所や悪天候ではどっちが使いやすい?

足場が悪いとしゃがんだり地面に置いてあるタモをとるのは困難です。このような場所では体に装着したまま使用できるギャフが使いやすいでしょう。

使いやすいのは?

使いやすいのはタモですがギャフに慣れれば、取り回しの良いギャフが良くなります。ギャフやタモは伸ばせば伸ばすほど操作性が悪くなるので、ギャフのほうが断然軽いことから使いやすくなります。

価格はどちらが安いの?

どちらも安いものから高いものまでありますがどちらも似たような価格です。しっかりしたものを買うとなってくると1万円くらいします。

 

まとめ

堤防や場所移動をあまりしない人・初心者にはタモをおすすめします。イカを掛けた状態で片手でロッドを持ち、もう片方で操作しなければならないため、慣れていないとなかなかランディングするのは難しく、ギャフだと手間取ってしまいラインが障害物などに擦れて切れてしまう可能性もあります。

 

ランガンや地磯に良く行く人はギャフが良いでしょう。タモを持って歩きまわるのは結構辛いものがあります。片手にはロッドを持っているのですからもう片方で持つか、肩にかけるかするしかないです。肩に掛ければ網の部分がものすごく邪魔になってきます。

エギングおすすめギャフ5選 2018 ランガンエギンガー必見!

 

 

 

 

 

 

-エギング
-,

Copyright© 釣人〜ペスカトーレ〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。