釣り

ロッド選びに重要なガイド部とは?種類や特徴をわかりやすく紹介!

投稿日:

釣り具でなくてはならない道具のひとつでもあるロッドですが、各メーカーから様々な種類のものが発売されています。

安いロッドからものすごく高いロッドまでたくさんのロッドがありますが、高いロッドにはそれなりに理由があります。

軽くて丈夫な素材を使っていたり、ロッドの製造方法が違っていたりとたくさんの技術が詰まっていて各釣りにあった構造をしています。

今回はロッドを選ぶ時の重要な項目のひとつガイドについて詳しく書いていこうと思います。

 

ガイドとは?

 

ガイドとはロッドについている下の写真のようなもので、輪っかの中をラインが通る事でラインを放出したり回収したりする手助けをする役割を持っています。

 

ガイドとひとくくりにされていますが実際はガイドフレームガイドリングで構成されています。

ガイドフレーム、ガイドリングのどちらにも数種類の材質と形状があり、それぞれに特徴があります。

 

ガイドの種類

ここからはガイドの種類や材質、形状などを見ていきましょう。

ガイドフレーム

 

素材

 

金属・鉄 

一番安価なフレームで黒で塗装がされていることが多く、安物のロッドに装備されています。

海水で使用すると錆びてしまうので釣行後に水洗いをすることをおすすめします。

 

ステンレス

中級クラスのロッドに装備されていることが多く、耐食性に優れていて錆びに強いのが特徴

錆びにくいので海で釣りをする人のおすすめです。

 

チタン

高性能なロッドに装備されていることが多く、軽くて強いのが特徴です。

防食性が強いので長く使えるのもおすすめ

 

AGS(エアガイドシステム)

カーボン素材でチタンと比較して約3倍の剛性を持っているのが最大の特徴です。

ダイワの上位機種に装備されている軽量で高感度のガイドシステム

 

形状

 

シングルフット

軽さ重視のガイドフレームで魚種によってシングルフットで強度が保てる場合はこちらが付いていることが多いです。

 

ダブルフット

シングルフットでは強度が足りない場合に付けられるガイドフレームです。

大型の青物や一番下の部分に付けられることがあります。

 

Kガイドとは

ロッド選びをしているとKガイドが良い!と耳にしたことのある人も多いと思います。

Kガイドはラインがガイド部に絡むのを防いでくれる重要な機能のひとつです。

有名なメーカーのロッドでFUJI製のガイドならkガイドシステムになっています。特に「PEライン」を使用する釣りにはこの機能が付いているロッドを選ぶ事をおすすめします。

最近のロッドでFUJI製のガイドが付いているならKガイドと思って大丈夫です。

 

ガイドリング

 

材質

 

Oリング

比較的安価なため安いロッドについている事が多いガイドリングです。

ナイロンラインは問題なく使用できますが、PEラインの場合ラインへのダメージが大きく劣化が早くなってしまいます。

 

アルコナイトリング

コストパフォーマンスに優れたガイドリングで、SICリングには劣るものの十分使えてコストが抑えられるガイドリングとして人気

上位モデルなのにガイドリングにアルコナイトリングを使っているロッドの場合は、ロッドの材料などほかの部分にお金を掛けているので他の上位モデルとの違いが出やすくなります。

 

SICリング

シリコンカーバイドを使用したリングで、軽くて、硬度が高く、熱伝導率が高いのが特徴です。

簡単にゆうと硬くて丈夫で、ラインが擦れて発生した熱を素早く放出できるのでラインへのダメージを軽減する事ができます。

SICリングにはJ型とS型が存在していますが、J型が古いモデルでS型が2016年からの新型モデルとなっています。

下で紹介している高級なトルザイトリングよりも全体的な評価が高いのもあり上位機種のロッドにも採用されています。

 

トルザイト(TORZITE)リング

現段階では最もハイスペックなガイドリングとされていて、様々なフラグシップモデルのロッドに採用されています。

SICリングと比べて薄くて、軽くて、表面が滑らかなのが特徴です。

しかしデメリットも多くあり硬度や熱伝導率がSICに劣るので、上位機種のロッドでもトルザイトリングを使わずにSICリングを使用しているロッドもあります。

 

軽量

40パーセントの軽量化とされていますが、ガイドリング自体の重さが非常に軽いので実感できるほどの軽量化ではありません。

 

薄い

リングが薄いメリットはラインの放出をスムーズに行えるので軽いルアーなどを使う時に扱いやすくなる

 

表面が滑らか

大きなR形状と鏡面仕上げがされているのでラインの滑りが良く、リールのドラグ性能やリーリング時の性能が向上

ラインの耐久性も高くなり、SICリングに比べて4倍のラインの耐久性があるとされています。

 

細いラインを使用する釣りにはかなりのメリットになります。

どのような釣りをするのかでトルザイトが良いのか、SICが良いのかは変わってくるとゆう事になります。

 

最後に

ガイドは富士工業の物が断然おすすめなのでロッドを購入する時には注意して選びましょう。

ダイワやシマノなど有名なメーカーの物は大体富士工業のガイドを使っているので、よくわからない中国製のロッドなどを選ばないようにすれば大丈夫です。

 

-釣り

Copyright© 釣人〜ペスカトーレ〜 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.