アジング

34(サーティフォー)アジングジグヘッド全種紹介!特徴やおすすめポイントまで

更新日:

34(サーティフォー)と言えばアジングで人気のメーカーのひとつでアジングをしている人なら一度は耳にしたことはあると思います。

そんな34ですがいろいろな種類のジグヘッドが発売されています。

今回はそんな34のジグヘッドについて詳しく書いて行こうと思うので34のジグヘッドが気になっている人は参考にしてみてください。

 

34(サーティフォー)アジングジグヘッド全種紹介!特徴やおすすめポイントまで

 

 

34 グリッターヘッド

 


アジだけではなく他の魚も釣れるジグヘッドとして作られた34(サーティフォー)のジグヘッド

メバルやカサゴを始めとするロックフィッシュやハタ系にも対応したジグヘッドなのでアジング行ってなかなか釣果が出ないけど諦めて帰りたくない時におすすめのジグヘッドになります。

もちろんアジも釣る事ができます。

グリッターヘッドにはライトウェイトとヘビーウェイトの2種類があり、ライトウェイトが0.8g、1.0g、1.3gで、ヘビーウェイトが1.7g、2.5g、3.0gになります。

グリッターヘッドは様々なカラーリングが存在し、グローとラメが入っているのでライトを当てて使うとアピール力が増します。

使い方は基本的なテンションフォールとトゥイッチで、テンションフォールでスルーにフォールさせたり、トゥイッチで左右にダートさせたりして使うのが効果的

 

 

34 ザ豆


 

名前でなんとなくわかると思いますが豆アジを狙うために作られたジグヘッドになります。

豆アジは一般的なジグヘッドだとハリが大きくてアタリがあっても掛ける事が難しく、もやもやした経験がある人も少なくないと思います。

このザ豆はそんな人におすすめのジグヘッドで豆アジの小さな口の大きさに合わせて小さく作られているのでしっかりと掛ける事ができます。

またヘッド部の構造も水平姿勢を保ちやすくなるような形状で、表面積も大きくなるような作りになっているので、抵抗が少しでも伝わりやすいようになっているのもおすすめポイントになります。

 

 

34 小豆ちゃん


ザ豆が豆アジを対象にしたジグヘッドに対してこの小豆ちゃんはさらに小さいアジを狙うために作られたジグヘッド

ザ豆は15センチ前後のアジを基本としていますが小豆ちゃんは10センチ前後またはさらに小さなアジを釣るのに特化しています。

アタリがあるけどアジが小さすぎて掛からないとゆう時に活躍してくれるジグヘッドになります。

 

 

34 ダイヤモンドヘッド


フラッシング効果とオープンゲイブが特徴的な34の代表的なジグヘッド

34のジグヘッドの中で最もラインナップが豊富なジグヘッドで重さは0.4g~3.0gまであります。

強風時や水深が深いエリアなどでも使える3.0gなどの重たいジグヘッドがラインナップされているのでどのような状況にも対応できる基本的なジグヘッドになります。

ダイヤモンドヘッドの多角面はフラッシング効果や、水流の変化がわかりやすいように設計されているのも特徴

34のワーム「オクトパス」との相性が非常によく、ダイヤモンドヘッドのシャンクの長さにワームの折れ曲がりポイントが合って吸い込みが格段に良くなります。

 

34 ストリームヘッド


アジが吸い込みやすく吐き出しにくく作られているジグヘッド

一般的なジグヘッドに比べてハリの軸の長さが短くアジの口に入りやすいのでバイトがあるけどのせきれない時におすすめ

もちろん初めからストリームヘッドでももちろん良いと思います。

他にもショートシャンクのメリットはワームの可動域が大きくワームをより自然に動かせられるとゆう事も上げる事ができます。

 

34 ゼログラヘッド


アジの代表的なパターンのひとつでもあるアミ・プランクトンパターンは軽量ジグヘッドを使用して攻略していきますが、軽量ジグヘッドは苦手な人も多くその理由の一つとしてレンジキープの難しさがあげられます。

その問題を解決してくれるのがこの34のゼログラヘッドになります。

一般的な他のジグヘッドと違い鉛の回りに樹脂がコーティングされているのが特徴的

真ん中の白っぽくなっているのがゼログラヘッド

鉛に樹脂をコーティングする事で体積を増やし、軽くテンションを貼るだけでレンジキープを可能にしています。

また体積が増えるのでジグヘッドの存在も手に感じやすいのもおすすめポイントになります。

少々高いのがネックですがそれ以上に釣果を上げやすいので大事に使うようにしましょう(^^)/

34(サーティーフォー)のHPにも詳しく説明されているのでチェックしてみてください

最後に

34のジグヘッドは34のワームとの相性が非常に良いように設計されているので34のワームを使用している人はもちろん34のジグヘッドを使っている人は34のワームと一緒に使用してみる事をおすすめします。

34(サーティーフォー)人気のワーム全種紹介!おすすめパターンや使い方、カラーまで

 

-アジング
-

Copyright© 釣人〜ペスカトーレ〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.