初心者

釣り入門にはこの釣り!初心者おすすめちょい投げキス釣り 

投稿日:

釣りを始めたいけど何からやったらいいのかわからない、釣りにっいても釣れない人必見の釣りを紹介したいと思います。

釣れないから釣りなんか面白くない!と言ってやめてしまう人によくめぐり逢います。

釣れないのを試行錯誤して釣るのが面白いと言う人もいますが、釣れなかったら面白くないと思う人が

大体だと思います。確かに私も初心者の頃は釣れないのに何しに海に行ってんだ!と思ったことがあります。

そこで何か簡単に釣れる魚はいないかな?といろいろな釣りを試して見つけました!

初心者や子供にも簡単に釣る事ができる釣りを・・・

では紹介していきましょう。

キス釣りです(`・ω・´)

キス釣りといえば投げ釣りのイメージがあると思いますが、今回紹介するのはちょい投げとゆう釣り方で

その名の通りちょっと投げてキスを釣る釣り方、堤防や砂浜などからできるので家族や友人・恋人などと

比較的安全に釣りを楽しむ事ができるのです。

キス釣りのシーズン

早い所でゴールデンウィーク頃から釣れ始め6月になると数釣りシーズンに突入し7月には小型のピンキスが釣れだします。8月~10月のはじめ頃は大型も釣れだし遠投が必要となってくるが、後ほどちょい投げでも釣れるポイントを紹介したいと思います。10月後半になってくると港内の深場に留まる落ちギスが狙い目になってくるが場所によっては釣るのが厳しくなってきます。

 

必要な道具

ロッド

エギングの竿がちょうど良くておすすめなのですが、なければバス竿でもリールとセットの安物竿でも

バス竿でも基本的になんでのOKです。竿が硬すぎるとキスの釣れた間がないのであまり硬すぎるのはお勧めできません。

リール

ロッドとセットのリールでもいいし、持っている人は1500番~2500番くらいのものなら代用可能です。

ライン

ラインはPEラインを使用すると飛距離も感度もあるので釣果も楽しさも倍増なのでおすすめです。

しかしPEラインはリーダーを結んだり、扱いが少し難しかったりするので、初心者の方やPEラインに慣れていない方はナイロンラインがおすすめになってきます。

お金を掛けたくないとゆう人は、今お持ちのリールに巻いてあるナイロンでもフロロラインでも全然大丈夫です。あまり太すぎると飛距離が出なかったり、キスのブルブル感が味わえなかったりするので目安を記載しておくので参考にしてみてください。

PEライン0.4号~1.2号くらい

ナイロン・フロロライン 3号前後

仕掛け

 

2号~4号くらいの重りをつけその先にサルカンであとはキス用の二本針の仕掛けをつけると完成になります。

 

エサの付け方と種類

イシゴカイ(アカイソメ・スナイソメ・ジャリメなど地方によって呼び名が違います。)

アオイソメでもいいのですが小さいイシゴカイのほうが食いが良いのでイシゴカイを使うことをおすすめします。

ムシエサを触るのが嫌な人はイシゴカイのソフトワーム(疑似餌)があるのでそちらでも大丈夫です。

エサは下の画像のように針の大きさくらいに小さくちぎって針に刺します。

 

場所

砂浜・堤防・漁港など海底が砂であればOK

ポイント

砂浜

海底にはヨブと呼ばれる波でできた凸凹、砂紋がありその凹の所に集まる習性があるのでエサを投入してゆっくり巻いていると竿に少し重みを感じたらそこで少し止めてみます。するとアタリが来て釣れることが多々あるのでこのようなポイントを探すようにしましょう。

その他にもカケアガリ(急に深くなっている所)がポイントとなります。でも海の中なのでわからない!

と思った人大丈夫です。波の立ち方を見てみてください、波が立ち始めるところがカケアガリになります。

漁港

漁港ではだいたい大海原に向かって投げる人が多いと思いますが、実は港内も一級ポイントで私の経験上港内のほうが大きいキスが釣れる事が多く、あまり皆さん投げないのもあるのか非常に釣りやすいです。

遠投しないと釣れないと言われている8~10月とかでも問題ありません

※漁港内での釣りは漁師さんの迷惑にならないように心がけましょう

堤防

堤防と言えば潮通しの良い先端が一級ポイントですが、堤防の根元でも大型が釣れたり時期によっては入れ食い状態になった経験もあるのでキスに関しては先端がいいとは言えません。

 

時間帯

朝マズメや夕マズメがもちろんおすすめの時間帯です。

朝マズメ・・・空が明るくなりだしてから日の出まで

夕マズメ・・・暗くなり始めたから日の入りまで

しかし昼間でもまったく問題なく釣る事ができるのがキス釣りです。釣れる時合があるので今までアタリもなかったのにいきなり釣れだすなんて事もよくある事です。

夜にするなら私の経験上置き竿がおすすめです。

誘い方

エサを付けたらアリが歩くスピードを意識してゆっくり巻いてくる方法と

投げてそのまま放置してアタリを待つ釣り方があり巻きたい人は巻いてじっくり待ちたい人は

ポイントに投げて竿先を見ながらアタリが来るのを待ちます。

しばらくアタリがない時や根掛かりが多発する時はポイントを変えるようにしましょう。

 

持っていくと便利なアイテム

手拭き用タオル  汚れた手をふくのはもちろん魚を掴むときにタオルを使い掴むことで

手を汚さずにすみます。

竿置き      仕掛けを作る時や、エサを付ける時釣れた魚を外す時などに使います。

砂浜だと特に砂がリールに入り込んだり、竿の持ち手が砂まみれになったりするので

持っておくと便利。(クーラーボックスに取り付けるタイプのものも有)

水くみバケツ    紐が付いていて堤防からでも水をくむ事ができるので魚が釣れた時や手が汚れた時に

手を洗うのに便利

クーラーボックス 釣れた魚を入れておくのはもちろん夏場の熱い時にはジュースや食べ物を

入れておけるので必須アイテム

折り畳み椅子   堤防や砂浜で置き竿で椅子に座りのんびりとアタリを待つのは休日を満喫している気分に

なれます。

最後に

比較的簡単で砂浜などでもできるので安全だし釣りの経験した事のない友人や恋人・子供などと一緒に楽しむ事ができるので釣り入門にはもってこいだと思います。私も実際釣りの経験があまりない友人を誘った時最初は「釣りって釣れるの?」とか「以前やったことあるけど釣れないから面白くなかった」など言ってたけど、このちょい投げ釣りをきっかけに今ではエギングやエサ釣りなどに一緒に行っています!(笑)

初心者はもちろん今までエサ釣りをやったことのない人や、釣れる楽しみを味わいたい人は一度経験してみてはいかがでしょうか?私はキスは裏切らないと思っています!みなさんもキスと友達になりましょう。

他にも初心者におすすめの釣りを紹介しているのでチャレンジしてみてくださいね٩( ''ω'' )و

超簡単!初心者必見アナゴ釣りの仕掛けや釣れる時間帯・場所・おすすめのエサまで詳しく紹介

初心者におすすめ穴釣りの仕掛けからおすすめロッド・リールを紹介

-初心者
-, ,

Copyright© 釣人〜ペスカトーレ〜 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。